廃車が完了するには末梢登録が必要。

いわゆる“廃車”と言うと、多くのひとが鉄スクラップになった自動車のことを想像するかもしれません。

つまり、物理的に乗ることができなくなった状態のことを廃車と考えているのです。

 

しかし正しくは、鉄スクラップになった自動車であっても、法的な手続きをとっていなければ廃車と呼ぶことはできません。

その手続きとは、一時抹消登録や永久抹消登録のことで、これらの手続きが完了していなければ、鉄スクラップの状態でも自動車税を支払い続けなければなりません。

 

反対に、見た目に通常の自動車となんら変わらない状態で、しかもちゃんと自走することの可能な自動車であっても、それが一時抹消登録あるいは永久抹消登録をされた時点で、廃車と呼ばれることになります。

 

この廃車手続きを適切に行っていないと、本来は払うつもりのない税金の請求書が届くことになりかねません。

 

経済面でのデメリットを被ることにもなりかねませんので、自動車の廃車を行う際には、きちんと手続きが完了したかどうかを確認するようにしましょう。

 

自分の車が廃車になったかどうかを確認する方法としては、作業を依頼した廃車専門業者に状況を確認することのほかに、自動車リサイクルシステムのホームページをチェックするのもおすすめです。

 

このサイトには、永久抹消登録をされたかどうか、処理状況が公開されていますので、誰でも自分の自動車が適切に廃車処理されたかどうか、簡単に調べることができます。